僕らの集会所建築プロジェクト

空き家活用研究家です。毎日往復3時間、田舎育ちの僕が都心に通いながら実践する「空き家活用」の方法とは。

空き家再生プロジェクト【DIY8】 ~玄関前エントランスは陽だまりのあるくつろぎスペースとなった~

こんにちは。

 

今年も「セルフビルド2018 IN Yukioん家」がはじまりました。

 

都内まで往復3時間、週末は北関東で田舎暮らしを実践しているYukioです。

 

 

 

今回は、新しい玄関前のエントランスのセルフビルドについて書き込みます。

 

【Before】写真の土壁をくり抜いた開口部が新玄関となるところです。

f:id:ippo180:20180129234305j:plain

 

【After】現在はこんな感じです。

f:id:ippo180:20180129233814j:plain

新玄関の特徴

・何と言っても大きな窓

 近所の農家さん宅にあった廃材をいただきました。

 

・写真では黒いですが、実際は茶色の壁

 80歳の板金職人さんに貼り付けてもらいました。

 もちろん僕も一緒に作業しましたよ!!

 

こんな特徴だらけのエントランスをさらに楽しいものにしたい!

 

ということで・・・

 

今回はウッドデッキをセルフビルドしました。

 

先ずは、地面を水平にするため土を掘り、平らに均します。

(写真がピンボケでごめんなさい)

f:id:ippo180:20180129233032j:plain

 

均した地面にその辺に落ちていたブロックを敷き、根太を渡します。

(さらにピンぼけでごめんなさい)

f:id:ippo180:20180129233048j:plain

この日は、数日前に降った雪の影響で地面はぬかるみ、北関東はめちゃくちゃ寒い。

そのため、耳まで隠れる変な帽子を着用しての作業を行っています。

 

デッキ材は間柱を使用。

 

基礎となるブロックやピンコロ石の上に乗せているだけです。

 

ウッドデッキというよりは、巨大スノコという表現のほうが正しいかもしれません。

f:id:ippo180:20180129233106j:plain

 

もともと傾斜地にエントランスを作ったため、全面フラットにするのは難しく、

 

手前の窓側は一段下げることにしました。

f:id:ippo180:20180129233122j:plain

 

しかし、本当にいっぱい降ったんだな、雪が。

何日たっても全然溶けません。

 

台所の水道も、トイレの水道も、排水口まで氷つき、午前中は使いものにならないような状況でした。

f:id:ippo180:20180129233130j:plain

 

それでも作業はどんどん続けます。

f:id:ippo180:20180129233138j:plain

 

寒いけど、必死に作業してるとそこそこ身体は温まります。

f:id:ippo180:20180129233146j:plain

 

こんな感じで大きなスノコが段違いで2枚完成!

f:id:ippo180:20180129233209j:plain

 

さて・・・。

 

この段差どうすんべかね・・・。

f:id:ippo180:20180129233217j:plain

 

先輩「こんな感じどう?」

 

僕「いいっすね!」

 「このくらい寝られると楽っすね!」

 

先輩「でも、背もたれの頭の方は切るんでしょ?」

  「そうすると結構辛くね?」

 

という会話を交わしつつ・・・

ジャーン!!!

 

くつろいじゃおう!!!

 

いろんな背もたれの角度を検証し、

 

快適な角度を研究した結果、

 

背もたれの角度を45度に決定!!!

f:id:ippo180:20180129233233j:plain

とりあえずウッドデッキならぬ巨大ウッドベッドは完成。

 

 

終始、寒そうな画像でお届けしましたが、

 

本当は晴れるとこんな感じ

f:id:ippo180:20180129233600j:plain

真っ青な青空にエントランス内が陽だまりとなり、とても心地いい~。

 

僕の服まで青く染まっちゃうし、

f:id:ippo180:20180129233609j:plain

地平線まで青く染めています。

f:id:ippo180:20180129233621j:plain

 

休憩は、薪ストーブに緑茶、そしてばかうけ煎餅。

 

本当に最高の週末でした!

 

ここは「僕らの集会所」

誰の場所でもありません。

ここは、みんなの場所です。

 

言葉に出さなくてもそんな雰囲気の漂う集会所にしたいと思っています。

 

では、また来週。

明日から、都内のオフィスでサラリーマンやってきます。